ヤマトパーティ情報blog

ここは『宇宙戦艦ヤマト』のファンイベントのヤマパこと「ヤマトパーティ」のイベント情報提供用blogです。TBやLINKは御自由にどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宇宙戦艦ヤマト 復活編

ZAKZAK 2004/07/20

に、ヤマト復活のニュースが掲載されていました。
同様の内容が、8/1のスポニチにも掲載されているようです。

西暦2006年「宇宙戦艦ヤマト」復活!
2006夏劇場公開、テレビ放映も…


 西暦2006年、ヤマト復活-。アニメの名作「宇宙戦艦ヤマト」が、約20年ぶりに復活する。4作品で計1000万人を動員したヤマトだが、新作の「宇宙戦艦ヤマト 復活編(仮題)」は、前作から20年後という舞台設定。06年夏に劇場公開され、再び“地球を救う”という。

 宇宙戦艦ヤマトは74年にテレビ放映、77年に第1作が劇場公開され、230万人を動員。翌年には続編「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」は、400万人を動員する大ヒット作となり、第1次アニメブームの立役者となった。

 新作は、第1作から製作を手がける西崎義展氏が原作、プロデューサーは仙頭武則氏。

 時代設定は20年後の2222年。宇宙を移動するブラックホールが、半年後に地球を飲み込むことが判明、移民船団が2万7000光年離れた星に向かうが、付近の惑星を支配する星から攻撃を受ける-という内容。

 主役はやはり、古代進で、艦長となり、森ユキと結婚。雪という名の娘が登場する。あの「波動砲」も、パワーアップして登場するとか。

 この秋に脚本が完成する予定といい、制作費は25億円。テレビ放映も行うという。

 「ヤマト」は漫画家の松本零士氏と西崎義展氏が著作権をめぐり訴訟に発展したが、昨夏、共同著作として和解した。

ZAKZAK 2004/07/20

関連記事
復活編?
ファンクラブ時代からの実体験として、今回のニュースはまだ信用に値しないと、個人的には思います。

ところで当ブログでの引用先は、あまりにも古くないでしょうか?
<2008/08/03>との文字が記載日時であれば、同年8月1日付けの新聞記事とは明らかに違う過去のニュース記事です。
[ 2008/08/15 09:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。